CONTACT

[イラストのおはなし06]
マンガで表現できること

2018.01.09
SACHI OSHIMA

プロデューサーの大島です!

第6回目は、コットンズでも多くオーダーのある「マンガ」についてのお話です。

興味のないチラシやDMでも、マンガが気になってついつい読んでしまった、という経験はありませんか?マンガには人の興味を引きつける魅力があります。

ひとくちに「マンガ」と言っても、様々なタッチや表現手法があります。

まずはタッチの一例をご紹介します。

紹介させていただいた以外にも少女マンガ風、お子様向けなど様々なタッチがあります。ターゲットや伝えたい内容により、最適なタッチをご提案させていただきます。

次に、マンガで何を伝えるか、という表現手法のお話です。

・分かりにくい、固い内容をストーリー仕立てにする

難しい内容やわかりにくい内容をストーリー仕立てで表現する手法です。

文章や図だけではなかなか読む気にならない内容も、マンガをきっかけにすれば受け入れやすくなります。

▲テキストだけではわかりにくい商品サービス説明を4コママンガで表現。

▲固くなりがちな開発秘話をマンガでわかりやすく表現。

・マイナス、ネガティブな話題を和らげる

重たいテーマ、ネガティブ表現、写真だとリアルになりすぎる内容を中和する手法です。

問題提起をしたり危機感を煽りながらも、情報の入り口として抵抗なくお読みいただけます。

▲危機感を与えながらも、マイナスな気持ちになり過ぎないコミカルな表現。

・登場人物に共感してもらう

ターゲットに近い人物設定や、キャラクターを使用することで親しみを感じていただきます。

▲社員をキャラクター化。身近に感じたり内容に共感していただきやすい表現。

このように、タッチと手法を組み合わせることで媒体の目的に合ったマンガを生み出すことができます。ぜひ表現方法のひとつとして、ご検討ください。

お読みいただきありがとうございました!次の更新もお楽しみに。

お気軽に
お問い合わせください。

小さな制作物からトータルプロジェクトまで
幅広く対応いたします。
各種イラストのご相談や販促ツールのご提案、
さらに企業さま、あるいは
商品・サービスのブランディングについても
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT